最新号

  • 2019年7月号

    防衛技術ジャーナル

    今月号の表紙

    1982年より配備を開始した日本初の対戦車ヘリAH-1Sコブラ。2000年までの間に90機が生産された。現在は、93年以降に配備された夜間戦闘能力向上型のC-NITEタイプを中心に約50機が残っている。後継機の話はまだないので、今しばらく現役に留まる。
    (撮影/菊池雅之)

    • 試し読み
    定 価
    本体価格1,000円+税
    年間購読料
    10,600円(12冊)
    編集・発行・販売
    (一財)防衛技術協会

    防衛技術ジャーナルに掲載する広告を募集しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 防衛技術ジャーナル購読のお申込み

    CONTENTS

    〈OPINION〉
    【Shigeyoshi Hata】
    〈SPECIAL CONTRIBUTION〉
    Maritime Domain Awareness's now
    【Tsuguo Awai】
    〈NOW THE GEOINT〉
    Next form of GEOINT-Human Geography and Activity Based Intelligence
    【Shigeki Kuzuoka】
    〈SERIES: CAN YOU PREVENTA A DRONE ATTACK?〉
    C-UAS technology against many attacks of small drone②
    【Hiroshi Yamane】
    〈NEW SERIES : FUNDAMENTAL LECTURE OF THE DEFENSE TECHNOLOGY〉
    Naval Systems Research Center⑩Ship electromagnetic field reduction technology
    【Takashi Nakamura】
    〈SERIES:SECURITY TRADE CONTROL〉
    Incident of Prof. Roth
    【Yoichiro Asano】
    〈WEAPONS OF THE WORLD EXHIBITION〉
    NDIA2019/AUVSI XPONENTIAL2019
    【Defense Unmanned Vehicle Research Committee, DTF】
    〈DTF REPORT〉
    Trend of Defense used Unmanned Vehicles④
    【Takashi Mikawa, Toshiyuki Iume, Yoshio Kajiwara】
    〈COLUMN〉
    Military reporter MASAYUKI KIKUCHI will cover the JSDF!⑥
    【Masayuki Kikuchi】
    〈ESSAY〉
    【Tatsuo Fujita, Yoshio Kajiwara, Masahiro Mino】

    ページの先頭へ