最新号

  • 2019年2月号

    防衛技術ジャーナル

    今月号の表紙

    輸送艦「おおすみ」を出発し、沼津海兵訓練場を目指して海上を疾走するLCAC。搭載されているのは第15即応機動連隊に所属している16式機動戦闘車MCV。これは平成30年度協同転地演習での一コマ。
    (撮影/菊池雅之)

    • 試し読み
    • CONTENTS
    定 価
    本体価格1,000円+税
    年間購読料
    10,600円(12冊)
    編集・発行・販売
    (一財)防衛技術協会

    防衛技術ジャーナルに掲載する広告を募集しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 防衛技術ジャーナル購読のお申込み

    目 次

    オピニオン
    展望台
    品質管理の信頼性 ─ ISO9000とTQCスピリッツ ─
    【香月  智】
    解説
    技術総説
    戦う防御から不戦の防御へ
    ─ これからのコンピュータセキュリティ ─
    【竹之上典昭】
    テクノトレンド
    量子コンピュータの出現に備えて<前編>
    ─ 絶対に解読できない量子暗号技術の活用 ─
    【小林 宏明】
    技術総説
    F-35で採用されたアビオニクスデータバス IEEE-1394/AS5643
    【三上  宏/山本  亮】
    テクノフラッシュ
    艦船の統合電気推進システム(IPS)
    【赤井 滋司】
    連載
    雑学!ミリテク広場
    軍事科学技術のリーダーDARPAの光と影
    【文責/本誌編集部】
    短期連載 ─ 弾道学の変遷と戦場の未来
    第1回「古代から第一次世界大戦まで」
    【秦  重義】
    写撃私見 ─ 軍事フォトジャーナリスト
    菊池雅之がゆく! 自衛隊最前線!!
    第2回「日本縦断MCV追っかけ取材旅行」
    【文・撮影/菊池 雅之】
    情報
    世界の最新兵器動向
    SWARM攻撃に対する艦艇防御技術
    【松下 義宣】
    VOICE
    【森下 政浩/佐野 雅彦】
    BOOKS
    「主任設計者が明かすF-2戦闘機開発─日本の新技術による改造開発」
    英文目次
    □編集後記/表紙説明/次号予定
    ※連載の「新・防衛技術基礎講座」は都合により休みます。

    ページの先頭へ