最新号

  • 2018年5月号

    防衛技術ジャーナル

    今月号の表紙

    1985年の就役以来、海自潜水艦部隊への各種支援等を行ってきた潜水艦救難母艦「ちよだ」が退役した。それに代わって今年3月20日、新たに就役したのが2代目「ちよだ」である。継承した艦名は、江戸城の別名である千代田城にちなんだもの。深海救難艇DSRVを搭載し、さらに医療区画も充実した設計となっている。写真は3月26日に横須賀基地へ初入港したときの様子。
    (撮影/菊池雅之)

    • 試し読み
    定 価
    本体価格1,000円+税
    年間購読料
    10,600円(12冊)
    編集・発行・販売
    (一財)防衛技術協会

    防衛技術ジャーナルに掲載する広告を募集しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 防衛技術ジャーナル購読のお申込み

    CONTENTS

    〈OPINION〉
    【Shigeo Kazama】
    〈TECHNICAL REVIEWS〉
    Development of functional safety to defense system
    【Yoshinobu Satoh】
    〈THREAT OF ELECTROMAGNETIC PULSE〉
    Electromagnetic pulse by nuclear explosion④
    【Hiroshi Yamane】
    〈KNOWLEDGE OF MILITARY SCIENCE〉
    Drones SWARM in Ping Chang Olympic
    【DTJ Editorial Department】
    〈INTRODUCE TO RESEARCH〉
    〈part-3〉Gifu Test Center-introduction of facilities and activities
    【Hirotomo Shirai】
    〈part-4〉Test and evaluation of the rocket motor
    【Tomonori Miyashita】
    〈DTF REPORT〉
    Trend of Defense used Unmanned Vehicles④
    【Defense unmanned vehicle research committee】
    〈DTF REPORT〉
    The latest trend of near infrared sensor technology
    【Masahiko Sano】
    〈FROM THE RESEARCH GROUP〉
    AUVSI Unmanned Systems Defense Protection Security 2018
    【Defense unmanned vehicle research committee】

    ページの先頭へ