最新号

  • 2018年10月号

    防衛技術ジャーナル

    今月号の表紙

    88式地対艦誘導弾システム(SSM-1)の後継として開発、2012年に制式化された12式地対艦誘導弾システム(SSM-1改)。誘導方式では従来に加えてGPSを取り入れたことにより命中精度が向上した。見た目も発射機のコンテナが円筒形から角柱形になっている。
    (撮影/菊池雅之)

    • 試し読み
    • CONTENTS
    定 価
    本体価格1,000円+税
    年間購読料
    10,600円(12冊)
    編集・発行・販売
    (一財)防衛技術協会

    防衛技術ジャーナルに掲載する広告を募集しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 防衛技術ジャーナル購読のお申込み

    目 次

    連載
    テクノトレンド
    「セキュリティ・バイ・デザイン」によるシステム設計・実装指針
    【小林 宏明】
    技術総説
    【射撃の基本的事項 橋田 直芳】
    オピニオン
    展望台
    今後20年間を見据える「Team Japan」
    【小林 松男】
    特別寄稿
    防衛大学校理工学研究科 前・後期課程教育の概要
    【黒川 恭一】
    連載
    雑学!ミリテク広場
    もっと酸素を!戦闘機の酸素供給装置
    【文責/本誌編集部】
    新・防衛技術基礎講座 ─ 防衛装備庁 艦艇装備研究所編
    第4講「艦艇航走技術(動力推進技術)」
    【北島  仁】
    歴史
    防衛技術アーカイブス
    砲兵技術将校と砲外弾道学小史
    ~武田中将とブラッチャリーニ准将~
    【田中 道彦】
    研究
    DTF REPORT
    2017年AOC年次シンポジウムから見た電子戦の動向(Ⅰ)
    【(一財)防衛技術協会 防衛用電子戦・レーダ研究部会】
    DTF REPORT
    諸外国における兵士の近代化の技術動向(Ⅱ)
    【本田 健志/渡邉 志貴/濵田 昌彦】
    REFERENCE
    防衛省の平成31年度概算要求の概要より〜研究開発関連予算について
    【本誌編集部】
    VOICE
    【伊東 圭市/伊藤 弘道/時武ぼたん】
    英文目次
    □編集後記/表紙説明/次号予定

    ページの先頭へ