最新号

  • 2017年12月号

    防衛技術ジャーナル

    今月号の表紙

    今年10月に実施された第2師団・第2対舟艇対戦車中隊による「96式多目的誘導弾MPMS(Multi-Purpose Missile System)」の射撃。同部隊は2011年4月に新編され、師団としてMPMSを配備する唯一の部隊だ。光ファイバーTVM赤外線画像誘導方式を用いて、射手が目標まで操作し命中させる。
    (撮影/菊池雅之)

    • 試し読み
    定 価
    本体価格1,000円+税
    年間購読料
    10,600円(12冊)
    編集・発行・販売
    (一財)防衛技術協会

    防衛技術ジャーナルに掲載する広告を募集しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 防衛技術ジャーナル購読のお申込み

    目 次

    オピニオン
    展望台
    わが国航空宇宙産業技術の総力をあげて安全保障に貢献を
    【戸塚正一郎】
    歴史
    防衛技術アーカイブス
    わが国の小銃開発史(後篇) 【木津 卓士】
    技術開発秘史 ─ ZERO History 海軍戦闘機設計の真実 ── 曽根嘉年技師の秘蔵レポート!
    エピソード編「堀越チームのエピソード(その2)」 【杉田 親美】
    連載
    電磁パルスの脅威 ─ その技術と効果
    第1回「核爆発による電磁パルスHEMPの発生について」 【山根  洋】
    シリーズ 電子戦技術の最先端
    第2回「電波監視技術の動向」 【大住  剛】
    新・防衛技術基礎講座 ─ 防衛装備庁 電子装備研究所編
    第5講「電波センサ技術(レーダ技術)」 【中澤 利之】
    研究
    DTF REPORT
    2016年AOC年次シンポジウムから見た電子戦の動向(Ⅲ)
    【(一財)防衛技術協会 防衛用電子戦・レーダ研究部会】
    DTF REPORT
    UDT2017 から見た水中防衛技術の動向(Ⅱ)
    ───技術調査編───
    【(一財)防衛技術協会 水中防衛技術研究部会】
    VOICE
    【山根 茂樹/中野 俊樹/石川 智孝】
    DTJニュース
    「防衛技術セミナー2017を開催/『きて!みて!防衛装備ファン』防衛装備庁陸上装備研究所を一般開放」「防衛装備庁主催の『技術シンポジウム2017』がグラヒルで開催」
    防衛技術ジャーナル2017総目録
    英文目次
    □編集後記/表紙説明/次号予定
    ※連載の「複雑系科学の視点からヘリコプターを再考する!」と「雑学!ミリテク広場」は都合によりお休みします。

    ページの先頭へ