バックナンバー

  • 2016年11月号

    防衛技術ジャーナル

    今月号の表紙

    リムパック2016における護衛艦「ひゅうが」から発射されたESSM。これはレイセオン社が開発した対空ミサイルで、シースパローの発展型として海自への配備が始まった。射程は50kmといわれている。
    (撮影/菊池雅之)

    • 試し読み
    • CONTENTS
    定 価
    本体価格834円+税
    年間購読料
    10,600円(12冊)
    編集・発行・販売
    (一財)防衛技術協会

    防衛技術ジャーナルに掲載する広告を募集しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 防衛技術ジャーナル購読のお申込み

    目 次

    解説
    テクノトレンド
    高出力レーザ兵器のパラダイムシフト 【齊藤 英明】
    世界の注目技術
    中国の航空機用CFRP関連技術を探る(後編) 【菅野 秀樹】
    防衛技術アーカイブス
    NECの航空管制レーダ技術物語 【松澤 佳彦】
    オピニオン
    展望台
    航空装備研究所の現状と今後について 【泉頭 悦郎】
    連載
    INTERVIEW 民生有望技術 ─ 日本は何を?
    あらゆる悪天候下でも画像化できる量子レーダカメラとは 
    【玉川大学教授 量子情報科学研究所所長 広田  修 氏】
    (聞き手・本誌編集部)
    雑学!ミリテク広場
    太めでなきゃ乗れない?F−35戦闘機射出座席問題 
    【文責/本誌編集部】
    技術開発秘史 ─ ZERO History
    海軍戦闘機設計の真実 ── 曽根嘉年技師の秘蔵レポート! 
    第1話「零戦 ─ そのデビュー戦の舞台裏」 【杉田 親美】
    戦闘機技術の基礎知識シリーズ②戦闘機搭載の人工知能
    第4回「人間の意図を読むAI」 【新郷 美可】
    研究
    国際会議 
    Laser Solutions for Space and the Earth (LSSE) 2016の報告 
    【戎崎 俊一】
    DTF REPORT
    MAST Europe 2016 から見た水中防衛技術の動向(Ⅰ)
    ─ 企業訪問編 ─ 【防衛技術協会 水中防衛技術研究部会】
    英文目次
    □ 編集後記/表紙説明/次号予定
    ※連載の「防衛技術基礎講座」と「VOICE」は都合により休みます。

    ページの先頭へ