バックナンバー

  • 2015年10月号

    防衛技術ジャーナル

    今月号の表紙

    普通科連隊の対戦車小隊に配備される予定の中距離多目的誘導弾。略して「中多(ちゅうた)」と呼ばれる。2011年頃から各部隊への配備が開始されたばかり。多目的とのうたい文句どおり、戦車だけでなく艦艇への攻撃も可能だ。
    (撮影/文=菊池雅之)

    • 試し読み
    定 価
    本体価格834円+税
    年間購読料
    10,600円(12冊)
    編集・発行・販売
    (一財)防衛技術協会

    防衛技術ジャーナルに掲載する広告を募集しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 防衛技術ジャーナル購読のお申込み

    目 次

    解説
    技術総説
    T2SL(Type II Super-Lattice:タイプⅡ超格子)赤外線検知器技術 
    【中里 英明/西野 弘師】
    技術総説
    無人機の「自律」とは 【山根 章弘】
    世界の最新兵器動向
    戦闘車両の新たな進化 【松下 義宣】
    オピニオン
    展望台
    地方小規模理系私立大学の悩み 【木下  健】
    連載
    防衛装備と技術管理
    第1回「防衛装備移転三原則後の課題〜2年目の武器輸出管理〜」 
    【森本 正崇】
    雑学!ミリテク広場
    サイバー戦に備える 【文責/本誌編集部】
    防衛技術基礎講座 航空装備技術
    第12講「射撃管制技術」 【中澤 利之】
    研究
    研究ノート
    爆索を用いたコンクリート柱の破損に関する研究 【加藤 孝輔】
    DTF REPORT
    UDT2015から見た水中防衛技術の動向(Ⅰ)─ 企業訪問編 ─
    【(一財)防衛技術協会 水中防衛技術研究部会 】
    VOICE
    【加藤 隆広/宇都宮雅之】
    研究部会だより。
    「UDT 2015に参加して」 【水中防衛技術研究部会】
    REFERENCE
    「防衛省の平成28年度概算要求の概要より
     〜研究開発関連予算について」 【本誌編集部】
    自作プラモのすすめ
    SF小説とオリジナルプラモで描く未来兵器の世界⑬
    【野比ヒロアキ】
    □ 訃報/英文目次
    □ 編集後記/表紙説明/次号予定

    ページの先頭へ