バックナンバー

  • 2013年3月号

    防衛技術ジャーナル

    今月号の表紙

    洋上で機雷爆破処理する掃海艇「えのしま」。同艇は海自が保有する掃海艇で、初めて艇体にFRPを使用した。平成24年に就役した最新掃海艇の全長は63m、基準排水量は570トン、速力14ノットで機雷処分具S-10を搭載している。

    =写真提供は海上自衛隊=

    • 試し読み
    定 価
    850円(本体810円+税5%)
    年間購読料
    10,000円(12冊)
    編集・発行・販売
    (一財)防衛技術協会

    防衛技術ジャーナルに掲載する広告を募集しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 防衛技術ジャーナル購読のお申込み

    目 次

    解説
    技術総説
    資源としてのゲルマニウムとその代替材料 【安田  傑】
    オピニオン
    展望台
    防衛事業の民需展開と地域産業 【関  重夫】
    連載
    雑学!ミリテク広場
    ノイマン型コンピュータとサイバーセキュリティ
    【文責=本誌編集部/挿画=小貫健太郎】
    法律ゼミ 防衛技術と国際法
    第9回「クラスター弾の法規制(その2)」 【岩本 誠吾】
    連載コラム 技術の伝承
    第3話「その前夜」 【伊藤 良昌】
    防衛技術基礎講座 艦艇航走技術
    第2講「動力・推進技術」 【岡本 慶雄/島村 敏昭】
    研究
    DTF REPORT
    熱型赤外線センサはどこまで進化するのか
    ─SPIE会議を中心に─ 【小田 直樹】
    DTF REPORT
    量子型赤外線センサはどこまで進化するのか
    ─SPIE会議を中心に─ 【中里 英明】
    DTF REPORT
    防衛用無人機システムの動向(Ⅱ)
    「航空無人機システム研究開発状況および主要動向」
    【三河 隆夫/永松 辰二/早川 正翁/江草 通浩】
    R&D OUTLOOK
    「フローノイズシミュレータの内部を初激撮に成功!」
    BOOKS
    「世界最強の戦車 大決戦」
    「近現代日本の軍事史 第1巻〜国家生存の要・陸海軍の発展」
    VOICE 【小野  実/谷田 邦一/松村 英一】
    続・兵器の起源 ─ クラシックウェポン物語
    第62回「W.W.Ⅱ初期に活躍したポリカルポフ戦闘機」 【高橋  昇】
    □ 英文目次
    □ 編集後記/表紙説明/次号予定

    ページの先頭へ